1. HOME
  2. 私たちについて
  3. 歴史・沿革

私たちについてABOUT

歴史・沿革

【平成30年10月】

発起人・阪上哲哉の呼びかけで、大新地区の住民10名で和歌山市中心市街地総合型地域スポーツクラブ設立準備委員会が結成される。

【令和元年度】

・こどもの運動教室を地域で始める。

・九鬼兄弟のかけっこ教室を大新公園グラウンドで開催。

【令和2年度】

・新型コロナウイルスの影響で7月まで活動を延期。

・地域のバドミントンチームが参画。

・スポーツ雪合戦体験会を県立体育館で開催。

・小学生タグラグビーチームが新設され、大会に出場。

・クラブ設立総会が開催。

~わかやまCity Club誕生~

【令和3年度】

・クラブロゴが完成。

・クラブホームページが完成。

・新型コロナウイルスの影響で8.9月の活動休止

・タグラグビーチームが公式戦初勝利

・タグラグビーチームが公式戦準優勝

・オフィシャルパートナー制度の導入

・新型コロナウイルスの影響で1.2.3月の活動休止

 

 

発起人の紹介

皆様、こんにちは。私は、当クラブ発起人の阪上です。和歌山市で生まれ育ち、高卒で大阪市に住み、再び、わかやま国体が開催されるタイミングで、お世話になったスポーツ界に恩返したいと地元に帰ってきました。私は、柔道整復師という国家資格を持っており、父の接骨院で働きながら、すぐに母校・近大和歌山ラグビー部のトレーナー、そして、和歌山県代表チームのトレーナーとなり、現在進行形で様々なスポーツ界に関わっています。

そんな私には、和歌山を良くしたい!という想いと、スポーツ界を良くしたい!という2つの想いがありました。そんな私の想いを感じ取っていただいたのか、ある日、先輩から総合型クラブの存在を教えていただき、その日から勉強と計画を始めました。いざ始めてみると、今までの人脈や経験が繋がり、スムーズに発足や活動に至ることができたのではないかと思います。

活動初期は、小学生に校門の前で一人でチラシを配りました。また、お隣の地区公民館に広報誌の配布をお願いしたときは、「おまえらの活動なんて広報できるか!」と追い返されたこともありました。しかし、粘り強く地道に活動を続け、人が人を呼び、また人が人を呼びで、設立1年目から60名を超える会員数となりました。

本当に今のクラブがあるのは、携わってくれた全ての人のおかげだと感謝しております。そして、まだまだこれからだと思っています。

当クラブに関わってくれた人を、これからも笑顔にするために、頑張ります!

私たちと一緒に、和歌山の未来のスポーツを育てましょう!

阪上 哲哉

FOLLOW MEInstagramFacebookYouTube

ページトップ